筋肉痛が痛くて動きたくないを解消

食事、サプリメントの摂取で筋肉痛を抑える

筋肉痛はなぜ起きるのかを考えてみましょう

 

筋肉痛と言われる一般的な認識は、運動をすることで筋肉に乳酸が蓄積されるからと言われております。

 

実は、その乳酸が筋肉に溜まることで筋肉が酸性になってしまう事を御存知でしょうか。

 

この筋肉の酸性化が筋肉を傷めている原因となり痛みが発生するのです。

 

その他にも、運動をすることで筋肉に何らかのダメージを受けたり、筋肉そのものが損傷したときにも痛みが出ます。

 

若い頃は筋肉の痛みは翌日に出ますが、歳をとると2日目に現れる場合が多く、これは、血管の老化によるとことが原因です。

 

筋肉の痛みは白血球が取り除く役目をするのですが、痛んでいる筋膜を刺激しながら白血球は、年齢と共に細くなった毛細血管を通過しようとするのですが、細くなっているので、血液の循環が悪く、その結果として痛みが遅れて発生すると言うわけです。

 

その為に多くの人がやっているのが、湿布薬やお風呂でのマッサージという事になります。

 

一番良い方法は、筋肉痛に負けないように、運動習慣を身に付けることなのです。

 

普段から運動をしてい人は、心臓の機能が弱くなりますし、それにより血管の老化も進行することになるので、運動は日常生活に欠かせないことがこれで分かると思います。

 

筋肉痛の治し方と予防

 

筋肉痛の治し方で誰でも知ってる方法は、風呂でのマッサージやストレッチではないかと思います。

 

間違えると筋肉痛を悪化させることになりますが、筋肉痛の原因が炎症程度であれば、痛対策の基本は「温→冷→温」で行うことです。

 

やり方は、筋肉痛の段階で、まず風呂で温めて、痛みが激しいようであれば、冷やして血流を抑えるのです。

 

その後、痛みが治まってきたら風呂でマッサージをしながら温めることを繰り返すのです。

 

このやり方は、「温湿布」と「冷湿布」と使う場合も同じで、炎症が酷い時は冷湿布・後痛みが治まったら温湿布を使用することです。

 

風呂は湿布は誰でも簡単にできますが、ストレッチをやる場合は、少し注意をして欲しいのですが、筋肉を急に引っ張ら無いようにすることです。

 

急に引張ると、筋肉は元に戻ろうとして縮んでしまうからです。

 

勢いをつけたストレッチは禁止です。

 

これは全く効果はありませんし、若い人は特に力任せに勢いでやりがちですが、ストレッチはゆっくり行って、筋肉を除除に伸ばすことが大切になります。

 

どんなに酷い痛みでも、1週間ぐらいで治まってくると思います。