筋肉痛が痛くて動きたくないを解消

筋肉痛は運動不足の証拠!?

運動不足の人は、まずストレッチから始める

 

誰でも久しぶりに運動をすると筋肉痛になりますが、筋肉痛が起こる原因は、普段動かしていない筋肉に急に負荷を掛けるため筋繊維を傷つけてしまい起こる現象です。

 

極端な話では、慢性的な運動不足の人は、階段の昇り降りとか、重い荷物を持っただけでも筋肉痛になってしまう人が見受けられます。

 

運動と健康の関係は、様々な病気の原因を誘発することにもなりますので、病気の予防と健康のためにも、普段からの適度な運動は大切です。

 

勿論、運動不足を解消するには、運動が一番なのですが、筋肉痛にならないように運動することが大切です。

 

それには、筋肉を柔らかくする為にストレッチから開始です。

 

これは、関節や筋を柔らかくする効果にもなりますし、怪我予防もかねますので、運動前のストレッチは必ず実行するようにしたいものです。

 

水分補給の際にも、アミノ酸やクエン酸の入ったスポーツドリンクはお勧めですし、運動後のストレッチも筋肉痛を回避する効果的があります。

 

それと、筋肉痛が起こらなくなくても、運動前後のストレッチは筋肉を傷めない目的もありますので、必ず行うようにしてください。

 

スポーツの後は乳酸という物質ができてしまう

 

スポーツをした後は、必ず、乳酸物質が筋肉を中性から酸性傾向へ変える働きをしますので、酸性になった筋肉は疲れやすく筋肉痛を引き起こします。

 

筋肉痛を回避する基本は、ストレッチと、運動後のアイシングです。

 

特に、ストレッチは体の動きを良くするばかりでなく、筋肉を活性化させますので、筋力の落ちを防ぐ効果もありますので生涯現役で続行することをお勧めします。

 

筋肉の性質とストレッチの関係ですが、ストレッチで筋肉を引き伸ばすと、伸ばされた筋肉は引き伸ばす前よりも、少し硬くなっていることが分かります。

 

筋肉に一定の負荷を与えることで、引き伸ばされた筋肉が張るからです。

 

運動不足で体力に自身の無い人は、ストレッチだけでも毎日行うことで、筋肉に刺激を与える効果があります。

 

運動不足解消デビューには、超お勧め運動と言えます。